任意のファイルのダウンロードの脆弱性

2020/05/08

このアップデートは、システム環境設定の「ソフトウェア・アップデート」パネル、または サポートダウンロード からダウンロードしてインストールできます。 Apple では、 影響:悪意を持って作成されたフォントが埋め込まれている文書を表示またはダウンロードすると、任意のコードが実行される可能性がある。 説明:OpenType 説明:bzip2 による bzip2 圧縮ファイルの処理に、整数オーバーフローの脆弱性が存在します。このため、 

2018年7月24日 この脆弱性を悪用し、改ざんされたファイルを読み込むと、アプリケーションを実行している権限で任意のフォルダに 製品ごとの対策方法と回避策の詳細は、更新モジュールのダウンロード画面、あるいは回避策の説明画面でご確認ください。

2003/12/12 2020/04/22 2017/09/29 2017/07/14 脆弱性がもたらす脅威 攻撃者によって悪意を持って細工されたプロジェクトファイル / 設定データファイルをお客様が使用する際に、次のような影響を 受ける可能性があります。 •ユーザ権限でアクセス可能な任意のファイルが外部に送信される

2003/12/12 2020/04/22 2017/09/29 2017/07/14 脆弱性がもたらす脅威 攻撃者によって悪意を持って細工されたプロジェクトファイル / 設定データファイルをお客様が使用する際に、次のような影響を 受ける可能性があります。 •ユーザ権限でアクセス可能な任意のファイルが外部に送信される

2017/04/04 2019/01/24 2018/06/06 2013/12/18 BIG-IPに配置されたファイルを不正に参照可能な脆弱性 脆弱性②:RCE(リモートコードエグゼキューション) BIG-IP上で任意のコマンドを実行することができる脆弱性 脆弱性の対象となるBIG-IPは以下の通りです。 15系:15.0.0から15.1.0.3

2019/12/18

2008/05/15 2020/03/24 2005/01/05 2003/12/12 2020/04/22

2005/01/05

Linuxディストリビューションなどで広く採用されているファイル取得ツール「Wget」に、任意のローカルファイルを操作さ

脆弱性対策は、3つ考えられます。 1.セキュリティ更新プログラム(パッチ)の適用. 最も確実で脆弱性対策の王道でもありますが、 脆弱性が公表されてからパッチを適用するまでに時間がかかるケースもあり、管理コストが大きいという問題もあります。